違っていいんだよ

理系大学生のかーぽんが思ったことを綴っていきます。

【ネタバレあり】劇場版ソードアートオンラインオーディナルスケールを観てきたよ!

どうも、かーぽんです。 ついに2月18日に公開された「劇場版ソードアートオンラインオーディナルスケール」を 見にいきました。 今回の映画は原作者である川原礫書下ろし完全新作ストーリーということだったので 楽しみでした。

映画の感想を書いていきたいと思っています。ネタバレを含んでいるのでご了承ください。

基本情報

sao-movie.net

主要人物だけではなくアニメ版SAOで出てきたメンバーが出てきているので アニメを見てから映画を見たほうが楽しめるかもしれません。(見ていなくても面白いですがたぶん) アニメはd-アニメストアで1期、2期どちらでも見れます。

2022年。天才プログラマー・茅場昌彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーブギア≫  –その革新的なマシンはVR(仮想現実)世界に無限の世界をもたらしした。 それから4年…。 ≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。 ≪オーグマー≫ フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。 ≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することができる安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。 その爆発的な広がりを牽引したのは≪オーディナルスケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。 アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするが…。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 公式サイトより

今回はアニメで展開されていたVRの世界ではなく現実世界を拡張させたARが舞台となっています。 ALOのときと同様にSAOの関係者による悪巧みといいますかゆがんだ考えによって主要人物だとアスナ、クラインが 今回犠牲者になっています。

キャラ

キリト

今回の映画でもキリトが活躍していましたね キリトは最初ARに対してやる気なく、自分はVRのほうが好きだって言ってたんですけど アスナと自分の思い出がなくなるという事態が起こったのでそこからARのゲームをやるようになりました。

アスナ

やっぱりかわいいですねー キリトとの愛を確かめるシーンがあるので「ナイス!」と思いつつ、 キリトがチョーうらやましいと思っていました。

新キャラ

ユナ

今回の映画の舞台であるオーディナルスケールのアイドルとして出てきています。 今回の超重要人物はこの人でしょう

エイジ

このエイジというキャラもキリトらと同様にSAOの生還者です。 そして、元血盟騎士団の一員のメンバーだったので エリートかと思いきや出来損ないでした。

ストーリー

映画の設定では2026年を舞台としています。 現実世界でも2020年後半、2030年ぐらいにはオーグマー的な製品が 発売されていてもおかしくないと思っています。

今回の新キャラであるユナとエイジはいいキャラでした。 ユナは歌がうまいキャラクターで声優が神田沙也加さんだったのが良かったのだと思います。 エイジというキャラクターは悪役だったのですが 映画を観ている途中エイジに非常に苛立ちを覚えました。

映画の本当の最後にsaoファンにとってうれしい展開がありました。 続編があるような最後でした。 2,3年後には続編が発表されるのではないでしょうか?

感想

saoファンとしては完全新作ストーリーだったので良かったですね。 アスナのために敵を倒すキリトはかっこいいですね。 アニメで出てきたメンバーが総出演してたのもよかったです、

1回観る価値はあります。

広告を非表示にする